スタッフブログ

2012年8月21日 火曜日

総義歯について・・・

歯がなくなってしまうとまず、ものを噛むことができなくなってしまいます。噛むことができなくなると食べ物をおいしく食べることができなるほか、口の周りの筋肉がたるんだり、顎の骨が薄くなったりして顔の形が変わってきます。顎に張りがなくなると、年齢よりも老けてみられたり、顔に精気がなくなったりしてきます。また、歯がないとうまくしゃべることも出来なくなります。

総義歯とは・・・
総義歯は歯茎全体で支え、取り外しが可能です。総義歯は人工歯と床と呼ばれるものが一体となっています。人工歯にはよく噛みきれるように金属の歯を使うこともありますし、床のは装着後の違和感をなくすために金属を使用することもあります。


是非困った時は箱崎ふ頭歯科にお越し下さい。寝たきりの方は往診もしています。
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 医療法人孝明会箱崎ふ頭歯科 | 記事URL

2012年8月16日 木曜日

義歯をいれたら・・・

調整、取り外しが必要です。


調整・・・装着直後は、義歯が強くあたって痛みが出たり、噛み合わせが上手くいかない、ゆるくて外れてしまう、しゃべりにくいなどの問題が起きることがあります。そういった部分を調整して快適に義歯を使えるようにするためには、通常数回の調整が必要になります。
義歯を入れた翌日、数日後、2週間後くらいに来院していただくか往診の方は訪問させていただき、調整をします。自分で直そうとしたりすることは、トラブルのもとになります。

義歯の取り外し...義歯を入れてすぐは、装着、取り外しがスムーズにできないかもしれません。無理な力を加えたり、乱暴な扱いをすると、変形破損して使えなくなってしまうことがあります。慣れるまでは慎重に取り外しをして下さい。
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 医療法人孝明会箱崎ふ頭歯科 | 記事URL

2012年8月10日 金曜日

初めて義歯を入れる方へ・・・

初めて義歯を入れられる方は物を食べる時や会話をする時に、違和感があります。
これは義歯を入れることで口の中が緊張してしまうからです。
しかし、これらは一時的なものですので、義歯をはずさないよう辛抱してください。
義歯になれれば口の中の緊張もほぐれて食べ物もおいしくなり、会話もスムーズに出来ます。
はじめのうちは、かたいものや大きいものなど無理に食べようとせずに少しずつゆっくりと噛んで下さい。



次回は義歯を入れたら・・・でブログを書かせていただきます。
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 医療法人孝明会箱崎ふ頭歯科 | 記事URL